保湿クリームを使ったスキンケアの手順

スキンケアの手順というと、洗顔して化粧水、乳液、そしてクリームというのがスタンダードです。

でも、今は色々な商品が出ていて色々な順番や使用方法がありますよね。

 

まず、ブースターというものがここ数年流行っています。

いわゆる導入液というもので洗顔後に化粧水の前につけ、その後使用する化粧品の効果が高く発揮出来るようにするものだそうです。

美容オイルをブースター代わりにしたり、先に乳液をつけてから化粧水をという方法をとっているメーカーもあります。

ただ、保湿クリームを使用する場合はやはりスタンダードな方法が潤うけれどべたつかないという理想的なお肌に近づくのではないでしょうか。

 

きれいなお肌の基本はまず清潔なこと。

なので洗顔からスタート。クリアな肌であればきちんと栄養は
入ってくるはずです。

で、洗顔後はすぐに化粧水で保湿します。

この時、強く叩いたりせず、やさしく押さえるようにつけることが大事です。どんなにバチバチと音を立てても入っていくスピードは変わりません。それよりお肌への必要以上に刺激を与えるのはよくありません。

 

その後、乳液➡クリームでもよいですし、保湿力の高いクリームであれば化粧水の後、直接つけてもよいでしょう。

その際も、指先にのばし、少し温めるように手を合わせ、乾きやすい部分を中心に優しくなじませます。

 

目の周りや口の周りは重ねづけすると更に乾きにくくなります。

ここで気をつけたいのもやはり、強い力で馴染ませない事です。

ゆっくり馴染ませるとちゃんとお肌に馴染んでべたつきはなくなります。

なので急いで馴染ませようと刺激するのはやめましょう。

 

保湿クリームを含めた、美容系雑誌でも人気の化粧品を集めて紹介しているサイトもあります。

その中でも、保湿化粧品に特化した美容系の口コミ情報サイトが美顔Styleです → http://bigan-style.com/

 

もし、自分に合った保湿化粧品の選び方で迷った際は、一度チェックしてみると良いでしょう。