保湿クリームを使ったスキンケアの手順

スキンケアの手順というと、洗顔して化粧水、乳液、そしてクリームというのがスタンダードです。

でも、今は色々な商品が出ていて色々な順番や使用方法がありますよね。

 

まず、ブースターというものがここ数年流行っています。

いわゆる導入液というもので洗顔後に化粧水の前につけ、その後使用する化粧品の効果が高く発揮出来るようにするものだそうです。

美容オイルをブースター代わりにしたり、先に乳液をつけてから化粧水をという方法をとっているメーカーもあります。

ただ、保湿クリームを使用する場合はやはりスタンダードな方法が潤うけれどべたつかないという理想的なお肌に近づくのではないでしょうか。

 

きれいなお肌の基本はまず清潔なこと。

なので洗顔からスタート。クリアな肌であればきちんと栄養は
入ってくるはずです。

で、洗顔後はすぐに化粧水で保湿します。

この時、強く叩いたりせず、やさしく押さえるようにつけることが大事です。どんなにバチバチと音を立てても入っていくスピードは変わりません。それよりお肌への必要以上に刺激を与えるのはよくありません。

 

その後、乳液➡クリームでもよいですし、保湿力の高いクリームであれば化粧水の後、直接つけてもよいでしょう。

その際も、指先にのばし、少し温めるように手を合わせ、乾きやすい部分を中心に優しくなじませます。

 

目の周りや口の周りは重ねづけすると更に乾きにくくなります。

ここで気をつけたいのもやはり、強い力で馴染ませない事です。

ゆっくり馴染ませるとちゃんとお肌に馴染んでべたつきはなくなります。

なので急いで馴染ませようと刺激するのはやめましょう。

 

保湿クリームを含めた、美容系雑誌でも人気の化粧品を集めて紹介しているサイトもあります。

その中でも、保湿化粧品に特化した美容系の口コミ情報サイトが美顔Styleです → http://bigan-style.com/

 

もし、自分に合った保湿化粧品の選び方で迷った際は、一度チェックしてみると良いでしょう。

肌質別のスキンケア【脂性肌】

ニキビが気になる脂性肌ですが、スキンケアのポイントは何でしょう?

まず一番大切なのが、洗顔です!

脂性肌は、油分が通常の肌よりも多いです。

ですが、油分の取りすぎは肌を余計に乾燥させてしまい、結果より悪化してしまいます。

そこで重要なのが朝晩の洗顔。

洗顔フォームをキッチリ泡立ててこすりすぎないように、円を描くように洗っていきましょう。

そして、洗顔後は保湿を忘れずに!

ビタミンC誘導体配合の化粧水だと毛穴が小さくなるので、オススメです。

いまは市販の保湿クリームも成分にこだわった商品がたくさん発売されています。

保湿クリームというと以前はちょっとべたつく感じがあるイメージでしたが、今はつけ心地もかなり改善され、また様々な肌質に対応するものが出てきていますので、こちらも一度チェックしてみることをおすすめします。

保湿クリームおすすめランキング|敏感肌・乾燥肌に最適なのは?

後は食生活の改善ですね。
油っこいものがやめられない!なんて方も多いでしょう。

油物も、動物性油脂ではなく植物性油脂ならばいいですね!

あと、肉より魚の方が肌にいいです。

これらの点を参考に、内側と外側からのケアを行ってみてください。

 

脂性肌とニキビの関係

 

肌質だけでも大きく4つの項目に分かれます。

乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌。

実は、この肌質によってニキビも違うのです。

自分の肌質がわからないままニキビケアをしていても、実際治りにくいです。

ケアをする上で必ず自分の肌質がどれに当てはまるか調べておきましょう。

 

では、肌質とニキビの関係をまとめていきましょう。

ニキビとは刺激や皮脂量が多く毛穴に詰まってしまう事により出来ます。

なので、皮脂量が少ない乾燥肌や普通肌はニキビが出来にくく、逆に皮脂量の多い混合肌や脂性肌はニキビが出来やすいのです。

だからと言って乾燥肌はニキビが全く出来ないと言う事もありません。

逆に乾燥肌は角質層が硬い為ニキビが出来たら治りにくいのです。

皮脂量が少なくても皮脂は出ているので、それが毛穴に詰まると中でニキビが出来てしまい、毛穴が開きにくいので治るのに時間がかかります。

もし、予防するならば基礎化粧品から自分の肌に合うものに変え、お手入れの方法も肌質に合ったものに変える事が必要です。

肌荒れ対策に良い食べ物って?

肌ケアを怠ったり、生活習慣が良くないと起きる肌荒れですが、何か対策の手はないのでしょうか。

そんな肌荒れに良いとされる、食べ物や栄養素をご紹介致します。

まず栄養素ですと、ビタミンC・コラーゲンがいいです!

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれる他に、肌の老化の原因である活性酸素の除去もしてくれます!

また、ビタミンCが欠乏してしまうと、シミやそばかすが増えたり、病気になりやすくなるので、こまめに取る事をオススメします。

そんなビタミンCが入った食べ物はアセロラ、ブロッコリー、キウイ等、フルーツ類が多いです。

 

次にコラーゲンは、潤いやハリのある、健康的な肌を作ったり、シミ・たるみを防止してくれる肌に必要不可欠な栄養素です。

コラーゲンが欠乏してしまうと、老化現象の進行に繋がるので、気をつけましょう!

そんなコラーゲンが入った食べ物は、牛すじや豚足、手羽先と言ったものに含まれています。

 

肌荒れ対策というと、どうしても外部からのケアなどに目がいってしまいがちですが、実は体の中からの対策も非常に重要なポイントなのです。

いくら肌の上から高級な化粧品を付けたとしても、肌そのものを生成するのは自分の体なのですから、それも当然と言えば当然ですよね?

肌の生まれ変わり、つまり正常なサイクルでのターンオーバーを促進し、その生まれ変わった肌を丁寧にケアする、この2つの考えをもって肌荒れ対策をすることが最前の方法だと考えます。